さくらファミリー

お問い合わせ

感動居酒屋の追求

前へ
次へ

"見事な”人間という一本桜”を咲かせたい。


「なぜ、すべてのお店に《さくら》と付いているのですか?」と
お客さまに尋ねられます。
ご挨拶のはじめに、店名の由来、そこに込めた私の願いを少しだけご紹介させていただきます。

さくらグループの「さくら」は、日本人なら誰もが好きな桜の花のことです。
ある本にこんなことが書いてありました。


”山に見事な一本さくらがあれば、人々はそれを眺めるために山へ行く。
たとえ遠い場所にある山であろうとも。”


そんな意味の言葉です。
いい言葉だな、と思いました。私が最初にお店を構えようとしていた場所は、街の中心部からは
遠い場所にありましたので、私はその場所に見事な”人間という一本桜”を咲かせようと思いました。
そうすれば、遠くてもみなさんが足を運んでくださる、そう思いました。


人の喜び幸せをいつも考え行動することが
「感動居酒屋の追求」につながる


 さくらには、接客のマニュアルがありません。私がスタッフにいつも言っていることは、
「自由にやろう。好きなようにやろう。飲食店としての最低限のルールはあるけれど、人が喜び
感動することを考えたなら、それをどんどんやっていこう。」ただそれだけです。

難しいことではありません。自分の友人や親を喜ばせるように行動すればいいのです。彼氏彼女を喜ばせるように、
普段やっていることをやればいいのです。

さくらのスタッフは、みんな笑顔が素敵だね、と言われます。それはたぶん、つくっていない笑顔だからだと思います。
お客さまに喜んでもらうことが本当に楽しいからだと思います。

私は、自分たちが幸せじゃないと、お客さまにより一層幸せになって帰ってもらえないと思っています。だからスタッフの喜び幸せのために、そしてお客さまの喜び幸せのためにも。

人の喜び幸せをいつも考え行動することが
さくらファミリーのミッションでもある
「感動居酒屋の追求」につながると考えています。





《さくらの仕事を通じてできる社会貢献「ミッション」》






「さくらに来て本当によかった。これで明日から、
またがんばれる」


こうして感動していただき少しでも誰かのお役に立てる人生ほど
私たちさくらのスタッフは、幸せなことはないとおもっています。


「さくらに来ると元気になる」
「さくらに来ると笑顔になる」
「さくらに来ると前向きになる」
「さくらに来るとお腹も心も幸せいっぱいになる」
「さくらに来ると夢を語りたくなる」

さくらに来て本当によかった・・・


一人でも多くのお客様がこうして感動して
いただくことが、私たちさくらができる最大の社会貢献です。





《もうひとつの社会貢献》


札幌市食育サポート企業





会社プロフィール

2003年創業の桜ファミリーは「感動居酒屋の追求」をミッションに揚げ、北海道札幌市に
海鮮居酒屋「海さくら」4店舗と、野菜居酒屋「やさい家さくら」2店舗の運営をしています。

また飲食店の日本一のサービスを決める「第5回S-1サーバーグランプリ」では、
企業表彰日本一を獲得し、集客はほぼ口コミだけで安定した
お客様を多くもつ居酒屋グループです。


飲食店以外での事業では、「食べること飲むことをクリエイトする」をコンセプトに
自社の果実酒「しあわせ果実シリーズ」が、全国5000店舗以上の飲食店(2016年6月現在)で
使われています。
また、北海道業務用米の卸売業も運営しており、こちらも全国500店舗以上の飲食店(2016年6月現在)で使われています。

正社員の離職率が50%以上と言われている外食産業において、さくらファミリーは直近6年間の正社員の離職率が「4.3%」と軍を抜いて低いです。(2016年6月現在)




社名 (株)さくらファミリー
所在地 〒001-0034
北海道札幌市北区北35条西5丁目1ー15
TEL 011-736-5257
FAX 011-736-5270
創業 2003年
資本金 1000万円
代表取締役 尾形 幸弘(著書:「無から有を生み出す成功法則」  「商人道」  「運を拓く教え」の3冊を出版しています)
従業員数 90名(社員25名・パートアルバイト80名)
グループ会社 北のさくら  北のピリカ  さくらサロン
    海さくら都通店
    海さくら麻生店
    海さくら平岸店
    海さくら元町店
    やさい家さくらJR55
    やさい家さくら琴似店

ページのトップへ戻る