尾形幸弘

あいさつ


 

見事な”人間という一本桜”を咲かせたい。


「なぜ、すべてのお店に《さくら》と付いているのですか?」とお客さまに尋ねられます。
ご挨拶のはじめに、店名の由来、そこに込めた私の願いを少しだけご紹介させていただきます。


 さくらグループの「さくら」は、日本人なら誰もが好きな桜の花のことです。
ある本にこんなことが書いてありました。

”山に見事な一本さくらがあれば、人々はそれを眺めるために山へ行く。
たとえ遠い場所にある山であろうとも。”


そんな意味の言葉です。

 いい言葉だな、と思いました。私が最初にお店を構えようとしていた場所は、街の中心部からは
遠い場所にありましたので、私はその場所に見事な”人間という一本桜”を咲かせようと思いました。
そうすれば、遠くてもみなさんが足を運んでくださる、そう思いました。


人は、人を、喜ばせるために生まれてきた。

 さくらでは、お客さまお誕生日を、店内あげて喜びます。
「生まれてきてくれてありがとう!」とみんなで喜びあうのです。居合わせたお客さまにも
参加していただきます。



「そんなこと言われたの初めて」と、心にぐっときて涙を流されるお客さまもいらっしゃいます。
 お客さまに喜んでいただく前に、実は私たち自身も喜んでいます。
お祝いされる人も、私たちもエネルギーをもらい、お祝いされる人も、私たちも、幸せになることができるのです。
 私は、人は人を喜ばせるために生まれてきた、そんなふうに思っています。



自分たちが幸せじゃないと、お客さまに幸せを与えることができない。


 さくらには、接客のマニュアルがありません。私がスタッフにいつも言っていることは、
「自由にやろう。好きなようにやろう。飲食店としての最低限のルールはあるけれど、人が喜び
感動することを考えたなら、それをどんどんやっていこう。」それだけです。

難しいことではありません。自分の友人や親を喜ばせるように行動すればいいのです。彼氏彼女を喜ばせるように、
普段やっていることをやればいいのです。

さくらのスタッフは、みんな笑顔が素敵だね、と言われます。それはたぶん、作っていない笑顔だからだと思います。
お客さまを喜ばせることが本当に楽しいからだと思います。
私は、自分たちが幸せじゃないと、お客さまも幸せになれないと思っています。だからスタッフの喜び幸せのために、
そしてお客さまの喜び幸せのために、


”人の喜び幸せをいつも考え行動する”飲食店でありたいと考えています。



《ニコニコ幸せな会社でありつづけるための社長の心構え》


  • さくらの仲間が誇りと生きがいをもてる、グレートカンパニーを目指します。
  • 家族(ファミリー)のような、会社でありつづけます。
  • さくらに関わる全ての人の喜び幸せを考え行動します。
  • 無借金経営でいます。
  • 終身雇用者には、安定という成功を約束します。
  • 独立志願者(のれん分け・完全独立)には、全面的に協力します。



  • 企業理念




    さくらの8つのお約束


  • お客さまの喜び幸せをいつも考え行動して、ニコニコ幸せになって帰っていただくよう最大限の努力をします。
  • 最高の笑顔と元気であいさつをします。
  • 楽しくて幸せな店内の雰囲気をつくりだすために、毎日の朝礼と終礼を継続的に行うことと、スタッフ同士仲良くすることをお約束します。
  • 誕生日、お祝い事は、私たちにおまかせください。素敵な想い出をプレゼントできるよう最大限の努力をします。
  • 掃除が行き届いた、ピカピカでキレイな店内でお迎えします。
  • クオリティーの高い商品を提供するために、農家さま、漁師さま、業者さまの方々と定期的に交流していきます。
  • 心を込めて、心を込めて、心を込めて、料理をお作りします。
  • 日本の明るい未来のために、一人でも多くの人財を社会におくりだす貢献をしつづけます。
    ※さくらでは、「人材」を「人財」と書くようにしています。

    社名 (株)さくらファミリー
    所在地 〒001-0034
    北海道札幌市北区北34条西4丁目2ー15
    TEL 011-736-5257
    FAX 011-736-5270
    創業 2003年
    設立 2005年
    資本金 1000万円
    代表取締役 尾形 幸弘
    従業員数 90名(社員18名・パートアルバイト70名)
    グループ会社 (株)北のさくら
  • さくらファミリー店舗

    さくらグループ

    各事業部Facebook